肉じゃがの残り汁

肉じゃがを作ると、困ってしまうのが残った汁の使い道。

じゃがいもや厚揚げ、肉などの具を食べた後、鍋の中にたっぷりと残った汁を見ると、そのまま捨ててしまうのは少しもったいない気がしますよね。

そこで今回は、肉じゃがの残った汁の活用術について、リメイク方法を含めたレシピを一挙ご紹介したいと思います!

肉じゃがリメイク コロッケ

肉じゃがのリメイクレシピとして、コロッケは定番中の定番ですね。

じゃがいもが残っている場合は、じゃがいもをマッシュし、そのまま衣を付けて揚げればOK。

しかしながら、じゃがいもや肉などの具は全て食べきり、もう残り汁しかない、という状況の場合。

その際は、別にじゃがいもを用意する必要があります。

【肉じゃがの残り汁で作るコロッケ】

肉じゃがの残り汁 40ml

じゃがいも 250g

薄力粉 適量

水 適量

汁しか残っていない場合は、上記の割合でじゃがいもを用意してください。

じゃがいもが少なすぎる場合は、コロッケのタネが緩くなり、成型しづらくなってしまいます。

肉じゃがの残りを使ったコロッケのレシピはこちらでも詳しく解説していますので、是非参考にしてみてください。

Sponsored Link

肉じゃがの残り汁で炊き込みご飯

炊き込みご飯のダシとして肉じゃがの残り汁を再利用するレシピは、非常におすすめですよ!

甘辛い味付けのご飯は、それだけでおかずになる美味しさです。

肉じゃがの残り汁で作る炊き込みご飯

お米:3合

肉じゃがの残り汁:200ml~250ml

油揚げ:1枚(肉じゃがの厚揚げが残っている場合は、それを細かく刻んでもOK)

ツナ缶:1つ(調理をする余裕がある人は、鶏肉200gを一口サイズに切って入れてもOK)

エノキ:小1袋程度

ニンジン:小半分程度

水:肉じゃがの残り汁を含め、米3合の線まで入れる

残り汁の量にもよりますが、上記の割合で炊き込みご飯を作ってみてください。

お米を洗った後、肉じゃがの残り汁を入れ、線まで水を入れてください。

その後、好きな具材を入れて炊飯器のスイッチを入れればOKです。

また、残り汁が130ml程度ある場合には、お米を2合にしても良いですね。

肉じゃがの残り汁で親子丼もしくは衣笠丼

残り汁が70ml~80ml程度ある場合は、丼料理がおすすめです。

定番なのは親子丼ですね。

肉じゃがの残り汁で作る親子丼

鶏肉:50g前後

肉じゃがの残り汁:70ml~80ml

卵:2個

フライパンに残り汁を入れ、プツプツとなるまで温めてください。

その後、鶏肉をフライパンにいれ、中火で2分程度煮ます。

ある程度火が通ってきたら、しっかりと溶いた卵を8割程度流し入れます。

弱火で卵に火が通るまで煮た後、残り2割程度の卵を回しいれ、表面が固まったら完成です。

非常にこってりとした親子丼で、とても美味しいですよ。

Sponsored Link

肉じゃがの残り汁で作る衣笠丼

これは知恵袋やクックパッドなどにはあまり掲載されていませんが、個人的にはこの衣笠丼がおすすめです。

衣笠丼とは京都の伝統的なグルメで、親子丼の鶏肉の部分を、油揚げと長ネギに変えた料理です。

親子丼を作る際と同じ要領で、油揚げを少し大きめに切り、長ネギと一緒に残り汁で煮てください。

肉じゃがの残り汁をご飯にぶっかける

ねこまんまとして定番かと思います。

ご飯に残り汁をかけて食べるの、とても美味しいですよね。

これだけで白いご飯がすすむので、1人暮らしをしている学生などであれば、それで昼食1回分くらいはまかなえるのではないかと思います。

少しアレンジを加えるのであれば、肉じゃがの残り汁をたっぷりかけたご飯でおにぎりを作り、フライパンかオーブントースターで焼きおにぎりにしてみてください。

甘辛いタレで食べる焼きおにぎりは、それだけで絶品ですよ!

焼きおにぎりであれば、残り汁が少量しかない場合でも、分量の調整がしやすいのがポイント。

是非試してみてくださいね!

卵かけご飯のタレなど、卵料理に活用する

先ほどのご飯の上にかけるのと少し似ていますが、卵かけご飯のタレ(醤油の代わり)として残り汁を再利用するのもおすすめですよ。

卵かけご飯にめんつゆをかける食べ方がありますが、それとも近いかもしれません。

そもそも肉じゃがのダシには醤油が使われているので、卵料理には非常によく合うんですね。

だからこそ、例えば卵焼きの下味として肉じゃがのダシを利用しても良いでしょう。

卵1個に対して、小さじ1程度の残り汁を入れ、卵焼きを作ってみるのもおすすめですよ!

(卵2個に対して小さじ2程度の残り汁を入れて卵焼きを作り、それを刻んでご飯の上に載せるのも簡単です。)

肉じゃがの残り汁

これで、5つ程度のリメイクレシピをご紹介しました。

肉じゃがは醤油をベースとし、甘みに佐藤やみりんを使った料理です。

したがって、

  • 卵料理(親子丼や衣笠丼、卵かけご飯や卵焼きなど)
  • ご飯(炊き込みご飯や焼きおにぎり、単純な白ご飯など)

上記のような、「醤油と合う料理」との相性が良いです。

1人暮らしで肉じゃがを作った場合、特に汁が多く残ってしまいがちなものです。

とはいえ、残った汁にもじゃがいもや肉の脂など、様々な旨みが溶け出しています。

それを再利用しないのはもったいないですね。

是非、今回ご紹介したレシピで、肉じゃがの残り汁のリメイク料理を作ってみてくださいね!

Sponsored Link
関連キーワード
  • 肉じゃがの残り汁
    肉じゃがの残った汁の活用術!リメイク方法と再利用レシピ5選
  • ナツメグの効果と味
    ナツメグの代用方法や味と効果!ハンバーグやカレー以外の使い道
おすすめの記事